ベンチャー
企業の精神、
がむしゃらにやる、
逃げずにやる。
絶対やれる。
それが「自信」に繋がっています。

BLDグループインタビュー

2016.4月 株式会社BLDコーポレイション 入社

中山 伸高
webコンサルティング事業部 主任
経 歴:新卒/グラフィックデザイナー

BLDとの出会いは、
アルバイト先の
ラーメン屋でつくらせて
もらった
1つのロゴが
きっかけでした。

BLDコーポレイションへ入社された経緯は?

元々ベンチャーということもあり、知り合いを集めてスタートされていて、ぼくの在学中のアルバイト先で創業者メンバーの一人の方と出会ったのがきっかけです。ラーメン屋のアルバイトでした。 そこで、限定ラーメン特集のポスターをつくるお話をもらい、作らせて頂いたら、「誰がこれを作ったの?」と声をかけてもらったことから始まって。「中山信高って誰だ?なかなかいいのつくるじゃないか」という話になって、その後少しずつお声をかけて頂くようになりました。

最初は、いきなり社員ではなくて、単発のアルバイトでした。「グルメサイトの画像をつくる」という1件でした。次第に、「ロゴつくってみない?」という話もいただいたんですが、何せ、初めてだったので、、、当初は丸1日かけてもなかなか納得いくものが作れませんでした。(笑)
当時、神田の事務所で制作できる人間も佐藤取締役だけで、ぼくが時間ばかりかかって四苦八苦していたら、「おれもつきあうから、一緒にやっていこう」と背中を押してくださったのが今でも印象に残っています。
単発のアルバイト扱いではなくて、その時点から既に「一緒にやろう!」というベンチャー企業の精神、がむしゃらにやる、という姿勢、気合い入った「働いてる姿勢」、がすごく突き刺さり、BLDにはまっていきました。

実は就職活動は他も平行していて、1件は決まっていたんですが、、、
「1回、BLDで働いてみたい!」と直感で踏み込んでみたい、と思い入社希望しました。

BLDのすごさとは?

平均的に見ると、圧倒的にスタッフが若い。8割ぐらいが20代です。代表自らがまず若い。なので、デメリットも正直いくかあるかと思います。でも、3年近くぼくはいますが、「勢いでやっていく」「エネルギッシュ!」「パワフルな働き方」をこの会社で目の当たりにしていて、こんな会社は他で体験できるのか?と思います。それがこの会社の特化したところです。
社内は若いけれどエネルギッシュな方、落ち着いた方、いろんな方がバランスよく存在してる。改めて、いい環境だな、と思います。

束ねる25歳代表についての印象は?

年齢は若い。ぼくと2つしかかわらないのですが、社内での仕事への姿勢や中身、実際の業績、、から、「この人はどれだけ仕事をしてるんだろう?キャパシティはどれくらいある人なんだろう・・・!」と圧倒されます。
コーポレイションだけでなく、グローバルの居酒屋スタッフ含めると130人は超えてるのに、一人一人コンタクトをとって仲がいい代表は聴いたことがないです。人望が熱いです。
下で働いている人は上は誰についていくか、これは会社員でもアルバイトでも同じです。店長が嫌われたら店員はすぐやめていくし、、、。その中で、シンプルに「この人についていきたい!」と誰もが思っている人、房園社長のすごさです。

若さを武器にどんどん
怖がらずに
チャレンジしていきたい。
そしてBLDを社会に
認めてもらえる
企業に育てていきたい。

ミッションや担当業務について

webの編集。グルメ媒体の画像部分の編集。紙のグラフィック。武蔵はじめ鳥万作、肉18だったり、これまでの13店舗の紙媒体、ロゴ、ショップカード制作を一人で担当してきました。
さらに、クライアント様の制作もこれから少しずつ増やしてきていて、ショップカード、看板など、ピンポイントで案件もやらせて頂いてます。来年はもっと大きく広げていく様です。また、仕事が増えていく、、、らしいです(笑)。がんばります!

アルバイト、大学生さんが多いので、ぼくはデザイン制作も担当していますが、同時にスタッフを育てる、指導というミッションもあります。ほとんどこんな経験、ぼくの歳ではできないのかなと。
ぼくと年齢が近いので、下で働く気持ち、アルバイトさんの気持ちもわかります。そこも加味した指示、指導ができるのもぼくの若さの強みかなと、

多岐に渡る業務の上で、自分のモットーは?

「自信」です。
過剰な業務はこないので、無理はしてないけど、業務としてはコールセンターの人のフォローもしてるし、デザインもしてる。同時進行でマルチでやる現状、「つらい(案件多いな、同時進行が難しいな)」と思う時もあります。そんな時、代表から以前「結局、やらないとだめだから」という言葉をもらったのを思い出します。そうだ、逃げてもだめだし、やらないとだめだ。という考えが自分でもすごく腑に落ちて納得しました。だからできる。やる。それは自分だからできることであり、自分に期待され与えられた業務なのだと。それで、かえってきもちが楽になりました。それが「自信」につながっています。

これまでどのようなキャリアを歩まれたのですか?

ぼくはデザインの専門学校を卒業していますが、特に、グラフィック、紙のデザインが専門でした。そこで、「広告」の魅力を知りました。

キャリアを活かした中山さんの強みは?

よく、デザイン学校というと、「アート」と思われますが、ぼくが学んだ学科が「広告」にフォーカスされていたこともあって、常に「自分を自由に表現する作品」よりも、「お客様、ユーザー、ターゲットが何を求めてる?何を訴えたい?」を意識したデザイン表現を学んできました。それが、今、「飲食店」様が、エンドユーザーに向けてどう表現、訴えていきたいか、を真剣に考え表現するのに役立っていると思います。

BLDという企業についてどう考えていますか?

まだまだ若い会社です。が、それが社長始め社員のエネルギーがカテとなり、挑戦する分野ももっと増えていくんではないかと。実際、デザイン部門でいっても、飲食店様の販促部隊は近々立ち上がりますし、そこにどんどん若い人材も増えていく。あ、そこでもぼくの役割がまた増えていくわけですが(笑)。
そういう意味ではたのしさがどんどん湧き出る、そんな期待が詰まっている会社です。

BLDで実現したいことは何ですか?

若さがネック、と一般的にはやはり壁があります。実際若い人材ばかりで弱さもあります。
だけど、それだからこそ若さを武器にどんどん怖がらずチャレンジしていきたいですし、逆に仕事でなめられない社会に認められる人材を育て、BLDを社会に認めてもらえる企業に育てていきたい、、、あれ、ぼくのことより会社の立場でえらそうに、話してしまいました(笑
やりたいことだらけで、1日1日があっという間です!

1日のスケジュール

1日のスケジュール

今後入社を応募する方へのメッセージ

“チャレンジャー精神のある人。がむしゃらになりたい人が、この会社では楽しめます。おすすめです。”

BLDグループインタビュー

関 近衛 中山 伸高

Contact

> お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ:03-6262-8770
平日10:00〜18:00(土日・祝休み)